レディー

涙袋で見返り美人に大変身|まるで生まれ変わったような美貌

目元を可愛く彩るには

目元を触る女性

術後は安静に過ごす

涙袋を形成するための整形手術方法が人気を集めています。ヒアルロン酸を注入することによってぷっくりとした形を形成していきます。注射によって注入するだけなので、施術時間が短く簡単に行うことができるのが特徴です。涙袋を形成するための整形手術の際、まれに内出血が起こることがあります。ただ予め説明がなされることが多いので、特に心配する必要はありません。また局所麻酔や麻酔クリームなどを使用するため施術での痛みはほとんどありません。しかし、注射針が血管に当たってしまうとその刺激で軽い内出血を起こすことがあります。その場合は、目の下に黒いアザのようなものができてしまいます。ただ、お化粧などで隠すことが出来ますし、気を付けて注入されるためほとんど内出血を起こすことはないため、安心して施術を受けることが出来ます。そういったリスクを伴わないためにも、整形外科選びを慎重に行なう必要があるのです。またどの整形外科でも同様ですが、涙袋の整形手術を行った後は、1日安静にしておくことが大切です。むやみに注入か所を触ったりしないことはもちろん、激しい運動やお酒などを避けることが大切です。体を温めてしまうと、針を注入した部分の治りが遅くなったりする可能性があるからです。そのため、サウナや入浴などもしばらくは避け、シャワーだけで過ごすなどの工夫が大切です。これらに気を付けていれば、ダウンタイムなどもないため日常と同じ生活を送ることができ、理想の涙袋を手にすることが可能になります。

ヒアルロン酸注射が人気

涙袋の整形手術は、安全性と効果が一定期間持続する点が多くの人に支持されています。涙袋の形成に用いられるのは、ヒアルロン酸注射や脂肪注入がほとんどです。これらはもともと人間の体の中にあるものなので、アレルギー反応を起こしにくく安全だというのがメリットです。またほかの整形手術と違い、切ったり縫ったりすることもありません。注射で注入するだけなので傷痕にはならず、ダウンタイムもありません。注射の痛みも、麻酔を行うのでほとんどありません。術後心配であれば、抗生物質や痛み止めなども処方してもらうことができるため安全に行うことができます。また、最終的には体に吸収されてしまうため、元に戻すことも可能です。一定期間効果は持続しますが、ヒアルロン酸の場合は1年ほどで体に吸収されますが、再度注射で注入することも可能です。脂肪注入の場合、正着すれば半永久的に効果は持続されます。ただ、脂肪吸引と一緒に行うことが必須ですので、脂肪吸引を行う予定があって涙袋の形成も一緒に行いたいという人にはおすすめです。他にも、下まぶたを切開する方法などもありますが、痛みがあるためヒアルロン酸注射が涙袋整形の中では一番人気があるようです。