レディー

涙袋で見返り美人に大変身|まるで生まれ変わったような美貌

目の印象を変えたい

注射

かわいい目元にしたい

涙袋は顔の印象を決めるとても大事なパーツです。女優さんやアイドルの方も涙袋がある方がいたりして、同じようになりたいとあこがれる人も大勢います。そもそも、涙袋とは目の下の下まぶたにそってできているふくらみのことで、涙堂というものを指します。また、ホルモンがつまってできることからホルモンタンクとも言われています。魅力的な涙袋を手に入れるためには様々な方法があります。メイクで作ってみたり、二重形成のりやばんそうこうで作ってみるという方法です。ただし、メイクは落としてしまえば涙袋はもちろんなくなってしまいます。同様に、二重形成のりやばんそうこうも落としてしまったり、剥がしてしまえばなくなってしまいます。それどころか、ときに刺激となり、皮膚トラブルへとつながる場合も出てくるため、注意が必要です。そこで、おすすめなのが美容整形です。美容整形で涙袋を作るために多く使用されているのはヒアルロン酸の注射です。一回に注射するヒアルロン酸の量は少なく、両目で0.1ccから0.2ccほどと言われています。費用も、注射の針代や麻酔代、アフターケアによって差はあるものの、大体1万円程度で受けることができる、お手軽な美容整形です。

手軽にかわいくなれる

ヒアルロン酸の注射は目元というとてもデリケートな部分にするため、個人差はありますが痛みを感じることが多いとされます。そこで、麻酔は使用できるのか、針は細いものを使用してもらえるのかについて事前にしっかりと確認しておくことが大切です。また、ヒアルロン酸の注射を行った直後に、内出血や感染症が起こってしまう場合があります。内出血に関しては目の下の血管が細いことが関係しています。また、目の下の皮膚は他の部位と比較して薄いため、内出血が治るまであるいは腫れがおさまるまでには、通常1から2週間程度かかることが多いです。そのため、注射した当日は激しい運動を行わないこと、お酒を飲まないこと、熱いお風呂に長時間入らないことが大切になります。ヒアルロン酸の注射を受けた当日は安静にして過ごすようにしましょう。同時に、目の下の血管を傷つけないために先の丸くなった針である鈍針という針が使用できるかということを事前に確認しておきたいものです。また、ヒアルロン酸の注射は全ての人に適しているわけではなく、適している人とそうでない人がいるため、整形を受ける前にしっかりと十分なカウンセリングを受けることが大切です。