レディー

涙袋で見返り美人に大変身|まるで生まれ変わったような美貌

メイク以外でできる方法

目元

手軽に作れて便利

涙袋をつくりたいという女性が多くなっています。なぜならその方が優しい顔に見えたり、目が大きく見えたりするからです。メイクでもつくることはできますが、毎回メイクでつくるのは面倒に感じることもあるはずです。そんな人には整形がお勧めです。整形でも涙袋をつくることができます。整形の場合、手軽につくれるので楽です。一度つくってしまえば、後はそのままキープできメイク時間を短縮することが出来るようになります。その点が毎度のメイクとは違っています。まず、美容整形外科を受診することになります。カウンセリングを受けることになりますが、その際要望をしっかり担当医に伝えることが大切です。涙袋といっても、どの程度の幅や雰囲気にするのか話し合う必要があります。ぷっくりとしたタイプがいいのか、もっとナチュラルな感じにするのか、その点は念入りに話し合っておいた方がいいかもしれません。受ける前は症例などを参考にしてみることも重要です。写真で症例を見ることで、よりイメージがつきやすくなります。こんなふうにしたいという要望をそのまま写真で提示することができるので、この方が誤解も生じることはありません。施術方法にもいろいろあることから、カウンセリングには時間をかけて丁寧に行うことが重要と言えます。

程度を決める

涙袋を整形でつくる場合、失敗しないようにすることが何よりも大事です。そのため、希望をしっかり担当医に伝えることをお勧めします。涙袋の大きさは人によって違っています。ぷっくりと膨らんでいるタイプが人気ですが、いきなり膨らんでいると違和感を生じてしまうこともあるものです。何よりも見た目ですぐに分かってしまうので、他人に整形がバレたくないという人には不向きです。何となく膨らんでいるというような自然な形にすることもできます。それから、施術法の選択や料金の選択など、重視すべき点がいくつかあります。美容整形外科によって施術法や料金には違いがあるので注意が必要です。これまでの実績や世間の評判などを参考にして選んだ方が安心です。また、カウンセリングの時点で、片方だけ涙袋をつくるというような話になることがあります。自身では目立つほど涙袋がないと思っていても、実際には多少なりともあるということがあるのです。この場合涙袋がハッキリとしていないことから、もっとくっきり出るように補強するというような整形が施されます。医師としっかりと話し合いをした上で、自分の目元の状態、希望に応じた涙袋をつくっていきましょう。